nextage

ネクステージ(nextage)=「次の舞台(next+stage)」「次の時代(next+age)」の意。

サイトTOPへ戻る

Interview

  • Area: tokyo
  • Type of industry: consulting / distribution / production

profile

004main3
  • においの原因を見つけ出し、
    最適な対策をおこなう仕事です

    当社は工場や飲食店などから出される悪臭の消臭・脱臭を行っています。においの原因は千差万別であり、すべてのにおいに対応できる万能の消臭器というものは存在しないため、原因に合わせた消臭剤が必要になります。においの原因が同じでも事業所の規模や構造、階数、周辺の環境、さらに気温や湿度によっても使う機材が違いますので、1件ごとに最適な消臭方式をご提案することになります。
    各社は独自の消臭技術を持っていますが、当社はフィトンチッド消臭という方式を採用しています。フィトンチッドというのは植物抽出物のことで、においを中和・消臭するだけでなく、空気を爽やかにする効果もあります。自然由来なので人体への影響も少ないですし、初期費用・維持費用面でも優れています。もちろんフィトンチッドも万能ではありませんから、植物の種類や配合比率を分析して、発生源に対してより効果の高い消臭剤を日々開発していくことも私たちの大切な仕事です。

  • 私たちに求められているのは、
    コンサルティングの力です

    悪臭に対する苦情は時代によって変化しています。かつては大規模な工場・事業所などへの苦情が上位を占めていました。それらの多くが対策を施したことで悪臭苦情は減少しましたが、昨今は焼肉店やラーメン店などのいわゆる“調理臭”の苦情が増えてきています。
    街を歩いていて飲食店からにおいが漂ってくるのは嬉しいものですが、一日中においを嗅いでいる近隣住民にとっては苦痛になります。住民は役所に苦痛を訴え、役所は自治体ごとに設けられているにおいの基準値に適合しているか、超過している場合はどのような対策をすべきかを、当社のような消臭メーカーに相談に来るのです。
    においを消すこと自体は臭気判定士が適切な措置をすればよいのですから、それほど難しい問題ではありません。しかしそれ以上に私たちに求められていることは、業務全体のコンサルティング能力です。事業者の中には、においに対する認識を持っていない(なぜ苦情が来るのかわからない)方もいらっしゃいますので、その場合は消臭の必要性からご説明して理解してもらいます。そして単に規制値以下に抑えるだけでなく、事業者と住民の双方が納得できる解決方法、たとえばにおいを出す時間を取り決め、二次的なトラブルが出ないように努めています。もちろん事業所にとって機器の設置は少なからぬ負担ですから、できる限り低コストで効果の高い消臭方法を考えて提案しています。

  • においで困っている人を
    一人でも多く減らすために

    「どうすればにおいを消す(緩和する)ことができるか」が至上命題なので、臭気の発生原因や対象事業所の立地や規模によって他社の消臭器の方が適していると判断した場合は、迷わずそちらを選択します。消臭剤も今は自社のフィトンチッド消臭が優れていると自負していますが、もし5年後にどんなにおいも消せる「夢の消臭剤」ができたら、 そちらを採用するでしょう。
    においはアロマテラピー効果などで生活を豊かにする面もあれば、ストレスの要因にもなるのです。現実問題として、においの問題をゼロにすることは難しい。においで悩んでいても、相談の方法がわからなかったり、トラブルを懸念して遠慮している方も多いのではないでしょうか。私たちの仕事は人々が幸せに暮らすことのお手伝いだと自負しています。ですから依頼があれば、日本全国どこにでも行って解決します。これは先代社長が創業した時から受け継がれた基本的な考え方です。これからも事業が続く限り、においで困っている人を一人でも多く減らすための努力を続けていきます。


    ※臭気判定士:1996年、悪臭防止法の改正により誕生した、臭気環境分野の国家資格。臭気判定士は臭気の測定法の管理・統括責任者。出された測定値(臭気指数)によって、自治体は事業者に対して改善勧告・改善命令を出すことができる。

company data

Top of page